サラリーマン馬券術

2020年年間回収率97%!2021年はめざせ100%!

【レース回顧】京成杯、日経新春杯

 

今日は良いところなく負け。

 

本命馬パーフェクト連帯も終了しました。

 

流石に負けすぎたので少し反省会。

 

京成杯

ハロンタイム 12.6 - 10.9 - 14.0 - 13.3 - 12.9 - 12.3 - 11.9 - 11.9 - 11.3 - 12.0

とのことで、

3Fのダウンに対応できない馬は撃沈していましたね。

後は残り800mの所のペースアップ。

 

本命のタイソウは後者でしょう。

それほどかかっている様には見えませんでしたが、

ペースアップについて行けずズルズル。

石橋騎手もコメントでコーナリングについて言及していましたし、

やはり小回りは苦手でしたね。

クラシック向きではないような気もしますので、

ダート替わりとかで勝ってみてもいいかもですね。

 

勝ち馬、2着馬については特にいうことはありません。

特に今後につながる競馬ではなかったと思っています。

 

可能性があるとするれば最後伸びてきた、

3着テンバガーでしょうか。

直線も若干の不利がありましたし、

最後の1F、前の馬が垂れる中伸びてきてました。

次がどこになるかわかりませんが、

人気がなければ積極的に狙ってもよさそうです。

 

日経新春杯

終わってみればアドマイヤビルゴがとび、

結構な高配当になりました。

 

1,3着はアドマイヤビルゴとのレースの2着馬であり、

斤量関係が良くなっているわけですから、

ある種順当と入れるかもしれません。

 

当然私もその線は考えたのですが、

その上でアドマイヤビルゴ上位の今回の予想でしたから、

この負けは仕方ないというところです。

 

そのアドマイヤビルゴですが、

レース後コメントからは「よくわからない」と、

武豊得意の言葉が出てましたが、

プロにわからないんじゃ、こちらもお手上げです。

直線の入り口はかなりゴチャついてましたので、

案外馬ごみ苦手説があるかもしれないですね。

 

対抗に推した、

サンレイポケットも直線ではじかれるように外によれてしまい(騎手が外に出そうとした?)

そこで1~2馬身くらい差が開いてしまい、

最後まで前の馬には迫れずでした。

結果論ですが、あそこはギアを上げるのが

はやかったように感じます。

勝ち馬が通ったコースを追走するのが正解でしたが、

勝ちにこだわった結果なのかなと前向きに考えています。

 

他に気になった馬としては、、、

 

ヴェロックスは復活は難しいかもしれませんね。

 

ダイワキャグニーは斤量と展開でしょうか。

東京や条件替わりでまた買いたいと思います。

 

また来週も頑張ろうと思います。

 

ではでは

 

↓↓佐藤哲三の予想はこちらから。

 netkeibaの改悪があってからこちらを利用してます。